スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ゲド戦記4巻・5巻:読了

帰還―ゲド戦記最後の書

ゲド戦記4巻、5巻を再読しました。詳しい感想は、山椒のこつぶっこ>読書ノート*外国児童文学>ル=グウィンへ。
4巻「帰還」は、初版が出た1993年に購入して読みました。1巻から3巻までは、何度も読み返したのに、4巻は一度しか読んでいません。
魔法を失ったゲドと、ル・アルビ領主の魔法使いアスペンから侮辱されるテナーが痛々しくて、読めませんでした。
最近、ゲド戦記の感想ページを充実させるために、やっと再読しました。初めて読んだ時には、ゲド・テナー・ショックしか感じなかったけれど、再読して新たに気づいたことがいくつかありました。

  • 4巻、5巻は、魔法によってつくられた価値観がくつがえされ、新しいアースシーが描かれていること。
  • 竜と人間の関係が明かされていること。
  • テハヌーは竜人であること。
  • 死について書かれていること。
  • それと、テハヌーがラブリーvなこと。

    アースシーの風 ― ゲド戦記V
    スポンサーサイト
  • 2006-06-25(Sun)
     
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。