スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

「蒼路の旅人」

上橋菜穂子さんの「蒼路の旅人」(上橋菜穂子/偕成社)を読みました。強大なタルシュ帝国から新ヨゴ皇国を守ろうとするチャグム皇子の物語です。
以下、感想・紹介文です。(「山椒のこつぶっこ」>読書ノート*国内>上橋菜穂子

潔癖で、民を思う心の優しい、15歳のチャグム。
有能で、残酷なまでに効率主義、征服欲の強いラウル皇子。
ふたりの対比が面白かったです。

次々に他国に攻め入り、属国としていくラウル王子に、ライブ○アの事件が思い浮かびました。
ラウル王子は、戦争のために戦争をする、戦争をし続けることで自国と属国を維持しているかのようです。タルシュが国々を征服し終え、戦争をする必要がなくなったとき、つまり繁栄の頂点に達したとき、タルシュは滅びにむかっていくのかもしれません。

金もうけのために金もうけをするライブ○ア……
いずれも理念がないように思えます。
スポンサーサイト
2006-02-11(Sat)
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。