スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

内蔵ハードディスク交換

今年初めての大仕事は、パソコンのハードディスク(しかも、起動ディスク)交換だった!
自分としては、かなりのアラワザ!
HDD交換はとてもうまくいったし、心なしかパソコンがさくさく動くようになっている!
とても嬉しかったので、手順を忘れないためにもメモメモ。

これまでの経過

ディスクトップVAIOを使い続けて6年半になる。
1年前くらいから、ブルースクリーンが頻発するようになった。
職場のPCに詳しい人に相談すると、「そろそろ寿命かも」と言われた。
ググってみると、パソコンの中でハードディスクが一番消耗しやすいそうだ。
「ハードディスクの寿命がパソコンの寿命」と書いてあるところもある。

そこで、1年前、新しい内蔵ハードディスクを増設した。そして、
旧ディスク→システム
新ディスク→データ
という使い方をしていた。
それで、しばらく安定していたのだが、
昨年末から、またブルースクリーンが出るようになった。

パソコンを買い換えれば、OSも新しくなっていいのだが……(まだXP使っている)
しかし、今の快適な環境を手放したくはないし、アプリを入れ直したり、いろんな設定をし直したりするのが面倒だった。お金もかかるし。

そこで、新ディスクに旧ディスクをシステムごとコピーし、新ディスクを起動ディスクにすることにした。



ハードディスク交換手順


1 3つ目のハードディスクにデータのバックアップをとる。
 新ディスクはデータ用にしていたが、フォーマットし直すので、外付けハードディスクにデータをバックアップした。
 関係あるかどうか、わからないが、隠しフォルダはもともと見える設定にしている。

2 旧ディスクのイメージを作る。
 内蔵HDDについていたAcronis Migrate Easyというソフトを使って、旧HDDを新HDDにお引っ越しすることにした。
 まず、Acronis Migrate Easyをインストール。
 再起動すると、勝手にCDブートしたので、旧HDDのイメージを外付けHDDに作成。一時間くらいかかった。

3 イメージを復元する。
 CDブートのまま、外付けHDDに保存したイメージを新HDDに復元。つまり、外付けHDDは仲介役になる。
 旧HDD→外付けHDD→新HDD
 という流れ。

4 確認。
 復元確認のため、旧HDDのシステムで起動。
 F12かF8を押しながら再起動かけると起動した。
 復元がうまくいったことを確認後、Acronis Migrate EasyのCDを取り出して、電源を落とす。

5 筐体を開ける。
 電源ケーブル、その他のケーブルを全て抜いて、パソコンの筐体を開けた。
 静電気を放電しておくことが大事!

6 HDDの交換。
 まず、もともとパソに内蔵されていた旧HDDを取り外す。
 そして、拡張ベイに取り付けていたHDDを外し、旧HDDのベイに取り付ける。
 新HDDをマザーボードにより近くするため。
 (マザーボードに近い方をマスターと認識するらしい。。あまり詳しくは知らんけど)

 ここで、新HDDのジャンパーピンをマスターに設定しなければならない。
 ジャンパーピンはとても細かいので操作が難しいが、毛抜きを使うと簡単だった。
 ジャンパーピンを一応ぬいてみたものの、旧HDDの設定がCSになっていて、新HDDのデフォルトもCSだったから、そのままでよかったのかー。

それで、筐体を元に戻し、起動かけたら、バッチリだった。
今までと全く同じ環境なのが嬉しい。

 古いHDDは廃棄する予定。
スポンサーサイト
2011-01-04(Tue)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。