スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

龍馬伝 第15回 ふたりの京

以蔵と武市、弥太郎のキャラがいいね~と思った回でした。


1 以蔵

龍馬と加尾は再会する。この先歩む道は違うのだけれども、ラブラブ
という話だったが、龍馬と加尾のことはさして印象に残らなかった。
問題なのは、以蔵。
武市に心酔し、武市に認められたいばかりに「人斬り」の道を突き進む以蔵。
現時点では、人を殺めることに対して葛藤はない。
武市のために働くという使命感、満足感すら感じられる。

武市は、以蔵をかわいがっていたかもしれない。第一部の江戸行きのころは。
しかし、攘夷という理想に燃える武市には、以蔵を目的達成のための道具として見ているようだ。
第一部では、武市には人情味も苦悩もあったが、第二部はすっかりブラック化している。
以蔵は、そんなことは知らない。

以蔵は龍馬や加尾との再会を素直に喜ぶ。龍馬に「人の道に外れるな」と諭され、温かい気持ちになる。
しかし、武市から離れることはできない。
哀れ、以蔵。

2 加尾

加尾は、越後浪人、目明かしが殺された噂を聞いて、攘夷派のテロを知っている。さらに、兄が「攘夷のためには、人を殺めてもいい」と口をすべらせる。
そして、以蔵の口から「越後浪人、目明かし……」というところまで聞く。
ここまで聞けば、加尾だって、以蔵が実行犯だってことに気づくはず。
攘夷のために、幼なじみが殺人やって、自分も働かされた。
その指令を出したのは武市で、兄も関わっている。
かなり深刻な状況。
だが、加尾は自分のことしか考えていないように見える。
時代のうねりは見えていないし、以蔵のテロについても心配している様子はない。
あくまで、女の幸せを望んでいる。
哀れな人ではあるけど、なんだかな~~

3 龍馬

以蔵がテロ実行犯だと気づいた龍馬。以蔵を何とかしたいと思い、説得する。
だが、以蔵が、激動する時代の渦中にいる以上、以蔵を「人斬り」の道から救うことはできない。
龍馬の言葉がむなしすぎる。
武市は、自らの志に向かって着々と歩を進めていくが、龍馬は、まだ何者にもなっていない。
たからといって、
加尾の口から「勝」の名が出たのは唐突だった。

3 弥太郎
プンプン怒ってたり、やけにハイだったり、波が大きい弥太郎。
生きて、生きて、生活しているって感じ。
異論はあるだろうけど、この人が出てくると、なごむ~

百姓になっても、大小の刀は外さないって、ラブリー。
スポンサーサイト
2010-04-11(Sun)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。