スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

南総里見八犬伝

テレビで「里見八犬伝」がありました。時代劇好き、八犬伝好きの私にとっては、結構楽しみでした。でも、リアルタイムでは見る暇がなかったので、録画しています。楽しみ~

八犬伝からみで、浜たかやさんの「南総里見八犬伝」(偕成社/これは児童書)と、曲亭馬琴作の「南総里見八犬伝」(岩波文庫)を並行して読んでいます。

浜たかやさんの八犬伝は、読みやすいし、わかりやすいです。山本タカトさんの版画も美麗。

岩波文庫の方は古文です。現代訳はついていません。でも、五七調になっている箇所が多くて、リズムがいいです。
馬琴の原作を読むと、信乃って結構痛い子です。小さいころは、女装しているし、馬がわりに犬に乗っているし。青年になってからは、刀がすりかえられたことにも気づかないうっかり屋さん。でも、好きですけど。
原作の荘助の絵は、みんな額が広く描かれています。「額蔵」って、差別的なあだなだったのか。。ただでさえ苦労人の荘助、かわいそうです。
山本タカトさんの荘助、碧也ぴんくさんの荘助の絵は、ちゃんと男前に描かれているので嬉しいです。

というわけで、幣サイトの方に「浜たかや>南総里見八犬伝1」「南総里見八犬伝・入門編」というページを作ってみました。後者は作りかけ;;
スポンサーサイト
2006-01-04(Wed)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。