スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

死ぬことと見つけたり 上巻:読了

死ぬことと見つけたり/隆慶一郎/新潮社

ここ数ヶ月、読書をする時間がとれず、いい加減禁断症状が出そうだったけど、やっと読めた!

「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」とは、「葉隠」の一節。
「毎朝毎夕、改めては死に死に、常住死に身になりて居る時は、武道に自由を得、一生越度なく、家職を仕果すべきなり」という苛烈な文言で締められる。
というわけで、本書は、葉隠精神の体現者たる斎藤杢之助の物語である。
ちなみに、斎藤杢之助の父用之助、祖父杢右衛門のエピソードは、「葉隠」聞書第三52にある。

島原の乱や龍造寺伯庵が会津藩お預けになったことといった史実と、杢之助の超人的な活躍を織り交ぜながら物語が進んでいく。
時代小説には、めっぽう腕が立つヒーローが多いが、杢之助もそのひとり。ただ、他のヒーローたちと違うのは、杢之助が葉隠武士(正確には浪人)そのもので、強靱な精神力を持っているということ。なにしろ、毎朝自分の死のイメージ・トレーニングをしていて、「常に死んでいる」精神状態だから。
杢之助は浪人という自由な立場で、藩政に関わっていく。

時代小説は好きだが、戦国時代~江戸時代初期の中央政権やら、三傑には飽きてきたところだったから、マイナーな佐賀藩と葉隠武士が新鮮だった。
それと、女性の扱いがひどくないのもいい。

下巻は買ってないので未読だが、読みたい!
スポンサーサイト
2008-10-12(Sun)
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。