スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ROOKIES 4話

時代劇以外のドラマはあまり見ない方だが、ROOKIESは先週から見始めた。
勧善懲悪っぽい爽快感があって、ストーリーは明快、時代劇っぽいおもしろさだった。
結構ツボかも。
そういえば、原作のマンガはリアルタイムで読んでた。

1 若菜の努力
ピッチャーをやりたがってもめるニコガクナイン。
だが、安仁屋の速球を見て、すんなりピッチャーが決まってしまう。クセのあるナインを黙らせるのは、実力ってわけだ。
キャッチャーになった若菜は、バッターがスイングすると目をつむり、安仁屋の速球を捕球できない。
桧山になじられた若菜は、部活に出なくなる。

若菜は、キャッチングができないから、あきらめてしまったのか?
あろうことか、ケンカをしたのか?
練習試合がせまっているのに、選手がそろわない!
と、ナインと視聴者が気をもむなか、若菜は秘密の特訓をしていたことが明らかになる。
「すぐに投げ出す男」が「努力」をしていた!

2 御子柴キャプテン
真面目で、野球大好きだけど、中学時代は「球拾い大臣」で、川藤赴任以前はパシリだった御子柴。
キャプテンに任命され、責任感はあるけど、気負いすぎて、板についていない感じ。
中学時代の後輩とスポーツ用品店で会い、嘲弄されたとき、自分を卑下する気持ちがあったかもしれない。
安仁屋は、御子柴をキャプテンとして認めていたからこそ、後輩になめられっぱなしで、ひと言も言い返せない御子柴のことを悔しく思ったのだろう。
この「後輩なめられ事件」が、伏線となって、後で効いてくる。

御子柴は川藤とともに、用賀第一高校に挨拶に行く。そこで、例の後輩に再会するのだが、今度はバカにされっぱなしではなかった。きっちり言い返す。
それは、ニコガク・ナインを信じて認めることができるようになったからだろう。

なまいきな用賀第一高校の一年生に勝てるのか?
というより、爽快に勝ってくれ!
次週の練習試合が楽しみだ!

3 強い川藤
前任校で暴力事件を起こしたという川藤。
チンピラにからまれる新庄を助ける。
チンピラのこぶしを軽くうけとめる。青春ドラマの教師はケンカに強い。

川藤、刺されてなかった??

4 村山校長
ニコガク・ナインにとって、カタキである校長。
権力をふりかざし、ナインを不良と決めつけ認めようとしない。
生徒を理解しない「悪の教師」のステレオタイプのような校長だ。
しかし、ナインの前に立ちはだかる巨大な壁のような村山校長は、結構魅力的だ。
雪斎さん、こんなところにいた…(わからないネタですみません)



そういえば平蔵やんも、すっかりさわやかになってた。
スポンサーサイト
2008-05-11(Sun)
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。