スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

桃山・江戸のファッションリーダー:読了

桃山・江戸のファッションリーダー/森理恵/塙書房

日本の中世史を調べるついでに、有職故実、服飾史関連の本も読んでいる。
本書もそのなかの一冊。
わかったことを手短にまとめると…

  • 和服には流行がないみたいに言われることもあるが、柄や模様、着こなし、色などの流行廃りはあったらしい。桃山・江戸初期の流行の最先端をいっていたのは、小姓や従者たち。つまり、少年や若い男たちだった。彼らがファッションリーダーたり得たのは、当時の身分制度も影響している。

  • 身分の高い女性や、遊女たちは、豪華なキモノを着ているが、小姓や従者たちに比べるとダサい。

  • (大名や有力者たちの)小姓や従者たちは、他家の者や、町民らに見せるための装いをしていたらしい。(大名行列と同じ意味?)だから、江戸時代初期ごろまで、主は地味目の装いをして、小姓や従者たちが、華美な小袖や振り袖(今で言う振り袖とは違うキモノ)を着る、ということもあった。

  • 現代の女性のキモノの着付けは、きっちりしている。着崩れを非常にきらう。しかし、昔は、ラフな着こなしもしていた。小袖や振り袖を着流しにして、裾から長襦袢を見せるように着付けることもあった。

  • 小姓たちは、豪華なキモノを着ていたらしい。色も柄も派手。襟の重ね方や、羽織との色合わせなども、かなりおしゃれである。しかし、キモノの豪華度は時代によって違う。江戸時代も下るにつれて、控えめになった。

    次に不満を。
    非常に読みづらかった。論文としての体裁がいまひとつ。

  • 本書は、「歌舞伎図巻」「小袖模様雛形本」「男色大鑑」の図版を資料にしてある。その図版の人物画の衣裳ひとつひとつに解説がしてあるのだが、それが鬱陶しい。図版を見ればわかることである。
    しかし、本書の図が小さすぎて、見づらい。資料の原本を入手すればいいのだが、「男色大鑑」にはひいた。井原西鶴先生には悪いけど。

  • 引用文がやたら多かった。というより、多すぎである。(`へ´)
    スポンサーサイト
  • 2008-03-31(Mon)
     
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。