スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

チャングムの誓い 2話 永遠の別れ

1 第三の女
チョンスが老師から聞いた、「チョンスを死なすが、多くの人を助ける」という第三の女。
それはチャングムだったことが判明。
第三の女のことを「好」と表したり、「第二の女に出会わなければ第三の女にも会わない」と言われたりしてので、だいたいの見当はついていた。

チャングムは、チョンスが武官だったことを町の人に暴露してしまい、それがチョンス逮捕につながる。
チョンスは、チャングムに「誰にも言ってはいけない。もし、しゃべると、家族の皆は死んでしまう」と口止めをしていた。
だが、幼い子に口止めをすること自体、無理というもの。
たとえ、白丁(ペクチョン)身分として生きるチャングムに希望を持たせるためであっても、チャングムに武官だったことを教えないほうがよかった。別のやり方で、希望を持たせられたることができただろうに。やはり武官に未練があったか。
チャングムは、「自分が父と母を死なせた」という重荷をずっと背負っていかなければならない。

その点、ミョンイは賢い。チャングムに、自分が宮廷の女官だったことを明かしていなかったらしい。

ミョンイは、しつけが厳しい。
ミョンイ、結構好きだ。賢くて、クールで美人。

2 チェ一族
ミョンイは、再びチェ一族から命をねらわれる(と言うより、殺されてしまった)。
1話では、まだしおらしかったチェ・ソングムが悪女になっている。

こうして、チェ一族は、チャングム母子とハン・ペギョンの宿敵となるわけだ。
スポンサーサイト
2007-11-05(Mon)
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。