スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第35回 姫の戦い

すっかり一週間遅れになってしまいました。今週分、まだ見てません。
由布姫の「四郎を武田家の跡取りとして育てる」という決意とか、お屋形様に裏切られた女の悲しみが、今回のメインだったはずですが、それはちょっとおいといて、どーでもよさそうなことを以下に書きます。

1 勘助の弱点
諸国の大名や重臣の前でもふてぶてしい態度、謀略に長けた勘助でも、由布姫には滅茶苦茶弱い(なんかリツにも弱そう)。振り回されっぱなし。そして、由布姫にからむことには、勘が鈍るらしい。もともと勘助は女心に疎くはあるが。
今回も翻弄されてました。

2 なぜ勘助だけが知らぬ?
晴信の新しい側室のことは、家臣団も、下っ端(失礼)の伝兵衛や太吉も知っているのに、なぜか勘助は知らなかった。軍師が、情報に疎くていいのかー!?とつっこんでしまった。でも、戦に関係なかったらいいのかなー。
そういえば、由布姫の時も、噂が流れていたのに、勘助は知らなかった。

3 四郎の宴
晴信が四郎のために開いた宴で、家臣団が口を開かずにしゃべってた!最初、モノローグかと思ったが、会話がかみあっているでないか。

みんな、腹話術ができるのですか?
スポンサーサイト
2007-09-10(Mon)
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。