スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第33回 勘助捕わる

勘助が最強の敵をついに見つけた回でした。以下、感想です。

1 やっぱり気づかれてた!
前回、勘助は根来者に変装したにもかかわらず、宇佐見に見破られていた。

今回、はっきりしたことには、景虎にも見破られていた!
景虎は、勘助の氏素性に気がついていながら、宇佐見を取りこむために、勘助を利用したのだ。
宇佐見が、勘助の素性を見破るとふんだ上で、武田の脅威と家臣団の団結の必要性に気づかせることが、景虎のねらいだったらしい。そして、景虎の真意を宇佐見ならば見抜くだろうと、なかば当然の如く思っていたわけだ。


なんて、まわりくどいんだ!


いや、失礼。景虎様も宇佐見殿も軍略は得意ですか。

2 人が好きなふたり
勘助の氏素性がばれ、鉄砲は揃わず。
勘助は捕らわれてしまう。
絶体絶命の勘助を救うのはだれか?それは、いかなる方法で?
今週の見どころのひとつだった。

勘助救出は、至極まっとうな方法だった。
鉄砲百挺が揃えば、勘助は解放されるのだから、アタリマエといえばアタリマエ。

勘助は越後方に寝返ることなく、お屋形様への忠義一筋。お屋形様がどうにかしてくれると思っていたわけではあるまいが。
神仏の加護を信じなくても、お屋形様は信じられるらしい。
そう言えば、勘助は、人が好きだと前から言っていたな。人は城と言ったお屋形様と同じ。

一方、お屋形様は、勘助のことなど、全く気にかけていない様子だった。
そのくせ、ちゃんと裏で手をまわしてくれていた。

3 鉄砲百挺
結局、勘助と晴信は、鉄砲百挺を景虎に斡旋したことになる。
敵に鉄砲を送ったか。

それにしても、津田監物は、紀州から越後まで鉄砲を船で運んだといっていたが、航路はどんなんだった?本州の西半分をぐるっと半周か?海賊は?

4 毘沙門天の旗
もう「毘」の旗ができてたんだねーとしみじみしてしまった。
スポンサーサイト
2007-08-19(Sun)
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。