スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第30回 天下への道

風林火山第30回 天下への道
信濃の国盗りの戦いの先に、天下を見すえた勘助の野望が、具体的な構想へと発展した回でした。以下、感想です。

1 鉄砲
勘助が鉄砲を買い付けに!
勘助が、戦国のハイテク兵器である鉄砲に目を付けたのはよかった。しかし、武田と鉄砲とくれば、長篠の戦いを連想してしまう。鉄砲が普及する前に、勘助は鉄砲を使った戦術を考えて、武田の人たちに教えてればよかったのに。現時点では、扱い方を学ぶ段階か。
23回「河越夜戦」で名前だけ出てきた津田監物が登場した!
これは、今思うと、すっごく見過ごしそうな伏線だった。

2 長尾景虎
24回「越後の龍」以降、ちょこちょこ登場してきた長尾景虎。今回の登場シーンは今までで一番長かった。景虎、いつ見てもすごい格好だ!他国の領主がこんな格好していたら顰蹙を買いかねんのに、重臣たちは景虎を認めているから、服装のことをいちいち言わないらしい。(尾張の若さまは言われてた!)「お屋形様、おしゃれ~」と思っている家臣がいたらおかしい。
景虎は、一応、筋を通して長尾家当主に就いたし、若くして実力を発揮しているから、他国でも一目おかれてたり、危険視されてたり。
勘助の構想が、「駿河と越後の海を制して、天下を目指す」ということだから、越後との戦いは避けられないことになる。

3 越後潜入
勘助は、鉄砲をダシに(ダシじゃないか)長尾景虎と会うことにする。主人公が史実にはない活躍をしたり、重要人物とお知り合いだったりするのは、大河ドラマお約束。でも、勘助は軍師だから、「景虎と会って、人物を見定める」「鉄砲を景虎に見せてみる」という考え方にはうなずける。(だれかの奥方が同じことをすると、とても変。)

4 今川義元
今川義元の目下の敵は、尾張・三河だと、勘助と寿桂尼様の会話のなかに、さりげなく出てきた。桶狭間の戦いが近づいてくる!
スポンサーサイト
2007-07-29(Sun)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。