スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

芽むしり仔撃ち:再読

芽むしり仔撃ち/大江健三郎/新潮社

初めてこの本を読んだのは20歳前後のころ。昔から好きな作品だったけど、再読して感動した!
大江さん、うまいなあと思った(ノーベル文学賞作家に対して、なんて失礼な!)

以下、MORIの感動点をメモ。

1 隔絶された社会
舞台は太平洋戦争末期、感下院の少年たちの疎開先である山深い農村。少年たちは、三重に隔絶されている。
1 少年たちは、どの村でも、人びとに決して受け入れられない。このことは、冒頭の脱走、捕獲エピソードであきらか。
2 疎開先の村への交通手段は、深い谷を渡るトロッコのみ。
3 疎開先の村で疫病が流行する。村人たちは少年たちを置き去りにし、村から退去する。しかも、トロッコの軌道は封鎖されている。

2 弱者
隔絶された小さな社会に残されたのは、疎外された社会的弱者である人びと。脱走兵以外は少年と少女のみ。この社会の支配者・権力者・抑圧者はいない。もちろん保護者も指導者もいない。少年たちは、疫病と死への恐怖、不安を感じているが、反面、自由を享受し、自分たちの社会を維持していこうとする。彼らには、連帯感が生まれている。

3 固有名詞
この小説には、固有名詞というものがほとんどない。主人公の少年ですら、名前が書かれていないのでわからないのだ。数多くの登場人物のなかで、李という少年の姓がわかっているだけ。主人公の友人の「南」も、通称であって、実名ではない。まるで、少年たちの人格や個性を否定するかのように、名前がないのだ。他にも、疎開先の村の名前、猛威を振るう疫病の名前もわからない。

4 構成
「芽むしり仔撃ち」は、大江氏が23歳のころの作品だ。若かったのにすごい!
不要なエピソードはひとつもなく、伏線は周到にはられて、きちんと後に生かされている。小説構成の破綻がない。主人公の言動に違和感を感じることもなかった。解説者の平野謙氏は、本小説の非現実性を指摘している。しかし、MORIにとっては、非現実的な設定など無問題。大江氏が構築した世界を堪能した(^-^)

5 弟
罪を犯してはいないのに、親の都合で感下院に入れられた主人公の弟。無垢なもの、幸福の象徴のように、くったくがなく、無邪気で、明るい。

5 村人の帰還と少年
小説終盤で、少年は、たいせつに守ってきたものの全てを失う。弟は行方不明、恋人は疫病にかかって死ぬ。悲しみと、疫病への恐怖で打ちのめされた少年に、さらに悲劇がおそう。
村人の突然の帰還と、理不尽な要求。村人に従えば、少年が感じた自己の尊厳も、死の重みも、連帯意識も否定してしまうことになる。
この小説の結末ははっきりと書かれていない。しかし、村長のせりふ「いいか、お前のような奴は、子どもの自分に締めころしたほうがいいんだ。出来ぞこないは小さいときにひねりつぶす。俺たちは百姓だ、悪い芽は始めにむしりとってしまう」が、少年のその後を暗示する。





かなりグロテスクな描写もある。
スポンサーサイト
2007-07-26(Thu)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。