スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第29回 逆襲!武田軍

板垣と甘利が亡くなってさびしい。。幽霊でもいいから、トンボでもいいから、また出てください(懇願)。
以下、感想です。

1 人は城
武田信玄の有名な言葉「人は城 人は石垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり」が出た!

晴信は、今回の敗戦、板垣・甘利を失ったわけをようやく知る。晴信の敵は晴信自身の心のうちにあった。敵に備えて強固な城を築くよりも、家臣や領民(家族もね!)に情けをかけ、領国を治めることが、戦に勝つことになるというわけだ。このあたり、孫子の兵法にもどってきている。

2 板垣が遺したもの

板垣を亡くした人たちの悲しみに泣けた。このドラマでは涙腺ゆるみがち。

伝兵衛は殉死しようとする。ドラマが始まったころは百姓だったのに、すっかり侍らしくなって、板垣の命令を忠実にこなしていた。板垣の忠臣に成長したんだなー。板垣も伝兵衛をかわいがっていたし。
それにしても、板垣は、MORIのなかでは「上司にしたいランキングNo.1」だ。(ついでに、重臣にしたいランキングでも、守り役にしたいランキングでもNo.1)

勘助は「板垣様は死んではいない」という。またまた、このドラマ特有の紛らわしいせりふ。板垣は、先を見越して、すでに手を打っていた。それが、板垣の死後も生きているというわけだ。小笠原内に内応者をつくること、諏訪大明神の旗をつくることだった。

3 軍師勘助

今回の戦の描写はあっさりしていた。前回に力が入っていたからね。しかし、孫子の兵法を標榜する勘助の軍師ぶりが発揮できていた。以前の武田軍のよさが戻ってきた。

4 家臣はお屋形様に似るもの

かつての志賀城攻めに勝った武田軍。小山田は敵将の正室美瑠姫を奪い、自分の妻にする。どこかで聞いたような話だ。どこかのお屋形様は、敵将の娘を自分の側室にし、和子をもうけた。小山田はお屋形様の真似したか?
家臣はお屋形様のやり方にならうものか。織田信長の一向一揆殲滅戦は有名だ。信長家臣の前田利家も信長と同じことをしたそうだ。

5 仲良し三人組

最近、よく勘助と相木と真田がつるんでいる。気が合うのかも。

来週は長尾景虎ですか。
スポンサーサイト
2007-07-22(Sun)
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。