スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第28回 両雄死す

うおおおっ!悲しすぎる!
わかってはいたけど、ついに板垣と甘利がお亡くなりに!
板垣が!板垣が!来週から、だれを贔屓に視聴すればよいのじゃ!?
以下、感想です。

1 勝ち目のない戦
板垣と甘利は、この戦に危機感を抱いていた。強敵相手だし、これまでのように、調略などの下準備はできていないらしい。勝算はないけど、板垣と甘利は、お屋形様と国と領民を守るために、勝たなければならないと思っている。しかも、なるべく犠牲を少なく。戦によって、ますます民が疲弊することは避けたかったのだ。
だから、板垣は先陣の自軍と甘利軍だけで、早く決着をつけたかったのだろう。早く勝つか、早くお屋形様を退かせるか。死を覚悟した板垣に泣けた。

甘利もそこのところの考えは同じだった。先週の放送で、視聴者に「甘利が裏切った!?」と思わせておいて、やっぱり裏切りではなかった。ラブリーなお方だ。単身、村上の本陣に乗りこんで、義清の首をとるという決意を表明するシーンは泣けた。

それにしても、戦に反対する重臣は多かった。一番考えなしだったのは、ひょっとしてお屋形様?

2 勘助への遺言
土スタでも取り上げてあったけど、甘利と板垣は勘助に、遺言とも思える言葉をのこす。
甘利「戦とは何を守り、何を失うかじゃ」(大意)
板垣「そちが月影となって、お屋形様を照らせ。まことの軍師になるのじゃ」(大意)
先週、勘助はこの甘利の言葉を聞いていたから、甘利が裏切ったのでないことがわかった。

3 壮絶な死
合戦シーンは迫力があった。海ノ口城以来の出来だ!
甘利は背にいっぱい矢を射られるし、板垣は雑兵どもに囲まれる(泣)。
板垣が強いからといって、雑兵どもは360度取り囲んでおる。なんか悔しい。それでも、板垣は奮戦する。板垣が槍や刀を振るうたびに、雑兵どもは退く。でも、敵が多すぎる。だれか、助けろよ!
板垣は微笑みながら死ぬ。お屋形様と後事は勘助に託し、自分の使命を果たし、後顧の憂いがなかったのだろう。
お屋形様と勘助を育てたのは板垣だったし。

板垣と甘利を失ったお屋形様。これで、変わらなかったら小者だ!(って、武田信玄は大物だけどね)


タオルが放せない回でござった。
スポンサーサイト
2007-07-15(Sun)
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。