スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

「おにいちゃんといっしょ」 ウルフ・スタルク

「おにいちゃんといっしょ」 ウルフスタルク
訳:菱木晃子 絵:はたこうしろう 小峰書店 2003年 
Ensam med min bror 2000

多くの子どもにとって、大きくなることはうれしいいことなのでしょう。早く大きくなりたいと思うものかも。この本「おにいちゃんといっしょ」の主人公の男の子「ぼく」もそうです。大きくなるよろこびでいっぱいの7才の男の子です。

パパとママは二週間の外国旅行にでかけました。「ぼく」とおにいちゃんは、アーネおじさんの家にあずけられます。

「ぼく」は、るすばんのごほうびを買ってもらうことを、はげみにがんばります。
火薬ピストル、インディアンの服、カウボーイ・ハットに、二年も前からあこがれていました。

さいしょのうち、「ぼく」はさびしくて、おにいちゃんをたよりにしていました。
おにいちゃんにとっては、なかまの方がだいじで、小さい弟はちょっとじゃまみたいです。

「ぼく」は、いとこの女の子と遊んだり、はらの筋肉をきたえたりしているうちに、たくましくなっていきます。おにいちゃんとはなれても平気になります。

一方、おにいちゃんは、弟がはなれていったことがさびしいみたいです。弟にやたらやさしくして、さんぱつまでしてあげます(大失敗でしたが)。

パパとママがいなかった2週間の間に、「ぼく」は大きくなっていました。

火薬ピストル、インディアンの服、カウボーイ・ハットもいらないほどに。
「ぼく」には、大きくなったことの方が、ずっとうれしかったのです。 
スポンサーサイト
2005-12-25(Sun)
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。