スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

弓矢と刀剣~中世合戦の実像:読了

弓矢と刀剣 中世合戦の実像/近藤好和/吉川弘文館

「弓矢と刀剣」は、実用品としての武具・武器について論じた書である。
第一章は、武具・武器の詳細な解説、第二章、三章は、「平家物語」などの軍記物や絵巻を分析し、個々の戦闘と武器について考察がなされている。
現在、刀剣や甲冑などは、美術品として鑑賞するが、本来、戦のための武器・武具だったのだと、再認識させられた。

いや~、ためになった。
中世の合戦は、弓矢>長刀>太刀だったそうだ。
合戦である以上、血なまぐさいのだが、どこかのどかさが感じられる。フェアプレイ(とでも言っておこう)の戦闘例が挙げられているからか。

大鎧には、弓矢や刀剣での攻撃が通用しないので、そのすきまをねらったり、刀だと斬るのではなくて打撃に使ったりしたとか。すきまといえば、中世初期の兜の頭頂部分には、もとどりを出す穴が開いていて、そこに矢を射かけられたり、指を入れて引き寄せられたりしたと書かれている。

それから、「昔の日本の馬は小型だった」とよく言われる。小型の馬だから、大鎧を着て落馬してもけがをしなかったのではないか、と筆者は書いている。日本の鐙は、西洋の鐙のように輪になっていないから、落馬しても、鐙に足をひっかけてしまうことはなかったそうだ。
スポンサーサイト
2007-04-30(Mon)
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。