スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山16話 運命の出会い

13話で「兵は詭道なり」と言っていた明るい勘助はどこ?

以下、16話感想です。

1 晴信の影
  • 武田家重臣達が、勘助の人物評をするシーンがあった。
    鬼美濃が、勘助とミツのことを覚えていたのは意外だった。今まで、そんなそぶり見せなかったじゃないか!
  • 教来石は、前回、勘助に殺されそうになったことを話し、「お屋形様の益にならぬなら斬られていた」「勘助は人ではない」と言う。かつて、大井夫人が「勘助は晴信の影」と言った通り、晴信の影の部分を引き受けているのかも。

    2 勘助の非情さと由布姫の涙
  • 「悪鬼」「人ではない」「心が痛まぬのか」等とさんざん言われた勘助。実際、情を捨て、戦を遂行していく。由布姫のことも、「殺さなければならない」と考えている。
    けれど、感情を殺しても、悪鬼になりきれぬらしい。本当は心が痛んでいたのかも。
  • 桑原城で、勘助は由布姫と出会う。前回まで、由布姫は、死を覚悟していたが、いざ自害の段になると、イヤになったらしい。「自害はイヤじゃ・死ぬのは怖くない・討たれた方がまし・この世は生き地獄だが生きていたい」と言う。「生きたい」と願う由布姫とミツが、勘助のなかで重なったようだ。由布姫の必死さに動かされたのかもしれない。非情の男・勘助が、由布姫を救い出す。
  • 由布姫が「自害はイヤ」と思っていることはわかった。勘助に向かって「生きたい」と熱く訴え、刃を勘助に向けたのは、どういう心境だったのだろう。「武田には恨みがいっぱいだけど、自分から死ぬのはイヤ」ってこと?由布姫の気性が激しいことはわかった。
  • 勘助は、「由布姫の命を絶つ」と何度も言っている。しかし、殺せなかった。
    武田家安泰のことを考えると由布姫殺害は必須。けれども、勘助は、非情になりきれてない。「殺す」と言ったり、「お逃げ下さい」と言ったり、予告で、また「殺す」と言ったり、迷いが生じている。

    3 哀れ!
  • 武田軍は、一兵も失うことなく諏訪を陥落させ、禰々と寅王丸を救い出した。勘助の思惑通りにことは運んだわけだ。
    諏訪頼重は切腹させられることになる。これも、勘助の策通り。
  • 武田家の策略にかかってしまったことに気づかず、高遠を恨んでいた頼重が哀れだ。しかも、頼重は、禰々と夫婦仲が良かったし、寅王丸の誕生を喜んでいたのに。
  • 勘助にしてみれば、頼重や禰々にいちいち同情していたら、お屋形様の構想を実現できないということか。

    4 お屋形様
  • 晴信が威厳を増している!!
  • 晴信の扇子は、信虎の胡桃と同じ役割を果たすものなのか!?イラッとした時にパチンと鳴らす…(こえぇ)。

    5 葛笠三人衆
  • もと葛笠村のもと百姓、伝助、太吉、平蔵はほのぼのしているなー。それにしても、三人とも出世したものだ。
    スポンサーサイト
  • 2007-04-22(Sun)
     
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。