スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山15話 諏訪攻め

勘助の策がことごとく当たった15話でした。以下、感想です。

1 動かぬ高遠
  • 高遠と手を組み、優位に戦いを進めることで、諏訪を降伏させようとした当初の勘助の策。しかし、高遠が動かなければ、作戦通りにことは運べない。兵力が劣る諏訪と合戦すれば、諏訪を打ち負かしてしまい、禰々の命も危うくなる。
  • この時点で、勘助の策は失敗と見られても仕方なかった。しかし、勘助は臨機応変に次の策を進言し、晴信に採用される。結果的に、これが当たった!あくまで合戦を避ける策に出たのはよかった。
  • 晴信は、足軽大将の勘助を軍師扱い(気にいってんだね)。小山田は、ちょっと感心している様子。甘利は相変わらず怒っている。

    2 悪鬼の如き顔
  • 晴信と由布姫から「悪鬼の如き顔」と言われた勘助。晴信は、勘助の顔の造詣が悪鬼のようだと(それもどうかと思うが)言ったので、他意はない。
  • 由布姫は悪意ありまくり。諏訪の城内の武田家家臣は、勘助、板垣、教来石の三人がいたのだが、由布姫から罵られたのは勘助だけ。そりゃあ、勘助の策で、諏訪攻めが敢行されたのだが、それは由布姫は知らないこと。顔が怖いから、勘助ひとり罵られた?
  • でも、勘助のことを一番「悪鬼」と思ったのは教来石だろう。諏訪頼重が止めなければ、殺されていた!(はったりじゃなくて、勘助は本当に殺す気だったんじゃ…)

    3 教来石と平蔵
  • 諏訪で間者として働く教来石。武田軍を見て、強敵にあったように驚く演技をする。それを聞き、退いてしまう足軽。「これまでじゃ」と退く教来石と、「これからじゃ」と進もうとする平蔵。毎回、笑えるシーンがあるな~。
  • 教来石を間者と見破る矢崎と平蔵。平蔵、なかなか活躍しているぞ。
    スポンサーサイト
  • 2007-04-15(Sun)
     
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。