スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

真田太平記2 秘密:読了

真田太平記〈2〉秘密 真田太平記〈2〉秘密
池波 正太郎 (1987/09)
新潮社

この商品の詳細を見る


年度末~年度初の業務に忙殺されてます。
仕事から逃避するかのように、「真田太平記」を読んでいます。
実は3巻まで読了しました。4巻~7巻は、ネット注文したやつが明日届く予定(楽しみ~)。

家康も恐れた真田昌幸、人間味ありすぎw
好きになった女性(正室ではない)には情が深い。
しかし、正室に対しては恐妻家。

愛した女性の子である幸村とはウマが合うし、かわいがるけれども、正室の子である嫡子信幸にはぎこちなく接する。
信幸と幸村兄弟、甥の樋口角兵衛には出生の秘密があった。
それが、子等に対する昌幸の態度に表れている。
真田家の秘密は、三人の将来と、国の行方の不安材料となる。

昌幸は、上杉、北条、徳川と対峙しつつ、上田城を築城する。




テレビ番組「その時歴史が動いた」の「謙信恐るべし」を見ました。
私は信長好きですが、この人、調べれば調べるほど、( ̄■ ̄;)な気分になります。
スポンサーサイト
2007-04-04(Wed)
 
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。