スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山3話 摩利支天の妻

なぜ、今頃第3話感想かというと、ビデオの中に残っていたからです。
うちはテレビもビデオもアナログ(ノ_-;)ハア…
多分、アナログ放送停止まで、地デジへの変更はないかと思われます。
閑話休題。
勘助と板垣の気持ちがコロッと変わった3話。以下、感想です。

1 勘助暴言
  • 久しぶりに甲斐にもどってきた勘助は、妊娠したみつと再会する。みつは、勘助の子を宿しているという。いやー、めでたい。だが、勘助はみつに対し心ない言葉を吐く。
    みつの兄、伝助から「みつを連れて逃げろ」と言われて、勘助、「逃げるのは、守るもののある者がすること」と返す。みつ本人、伝助、平蔵を前にして、なんだ、その問題発言。
    おいおい、勘助、みつと腹の子を守らなければならんだろう?
    けれど、勘助は一同にトドメのひと言、「みつの腹の子は、だれの子かわからない」と。
    みつよりも野心をとるのね。
    平蔵が怒るのもあたりまえ。

    2 こぼれた粥
  • 平蔵が勘助になぐりかかった拍子に、粥が床にこぼれる。
    それをみつはぬぐい集めて食べる。
    食べ物をこぼすなよ、勘助、平蔵。
    過酷な戦国時代。藤木久志さんの著書を読むと、百姓は飢えと戦災に苦しめられていたことがわかる。食べ物がなくて、山菜を採りにいったとか、木の皮を粥にして食べたとか、端境期には餓死者が多かったとか。わらびの粉を盗んだ母が私刑にされたこともあったそうだ。
    こんな時代だったから、しかも、みつは身重だったから、「もったいない」と言って食べたんだろうな。

    3 勘助変容
  • 平蔵は鼻歌を歌いながら野良仕事をする。平蔵の歌が、あとあとこんなに有名になるとは、リアルタイムで見た時は思わなかった(って、有名なのか?)。
  • ドラマ後半、最初のうちゴロゴロしていた勘助も、葛笠村のみんなと一緒に働くようになる。
  • 夜、城の模型を造る勘助に「出て行きたいのか」と問うみつ。勘助は「自分の城はみつだ」と言う。ドラマ冒頭の問題発言とはえらい違いだ。よかったね、みつ。
  • みつは勘助のかたくなな心を解きほぐした。たった3話しか登場しなかったみつだけど、印象深い子だった。
  • わらで編んだみつ手製の眼帯。その後、重要なアイテムになろうとは。

    4 晴信と板垣
  • 家臣にうつけ者呼ばわりされている晴信。もり役の板垣とて、晴信の生活ぶりを不甲斐なく思っていたことだろう。しかし、大井夫人から、信虎と晴信の確執、晴信の真意(大井夫人は、晴信に真意はないと言ったが)を聞き、板垣は、自分が晴信を理解していなかったことを知る。
  • 僧侶から歌を習う板垣。武闘派の板垣にとって、歌道は得意分野じゃないだろう。しかし、あえて晴信と同じ土俵にあがることで、晴信をいさめる板垣。この時、初めて晴信と板垣は分かり合えたのだろう。

    5 みつの悲劇
  • もう死ぬのか>みつ。いい子だったのに、もったいなさすぎ。勘助と久しぶりに会ったみつが妊娠していた時から、いやな予感はしていた。
    スポンサーサイト
  • 2007-03-30(Fri)
     
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。