スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

真田太平記1巻:読了

真田太平記1/池波正太郎/天魔の夏/新潮文庫
1575年、高遠城攻めから物語は始まる。長篠の戦いの7年後である。
高遠城は落ち、武田氏は滅亡にむかっていく。
天目山の勝頼最後の戦いは、もの悲しい。
大河ドラマ「風林火山」では、信玄が日の出の勢いなのに、「真田太平記」では、1巻から武田氏滅亡だよ。。(真田家の話だから、アタリマエだけどね)無常だ。
名門武田家、名将信玄、最強騎馬軍団、大国甲斐。信玄のことは、信長も家康も恐れたのに、息子の代で滅亡…

武田氏に仕えていた真田家は、時流に翻弄されながらも、小勢力である自国を守ろうとする。
真田家の主君、真田昌幸は有能だが人情家。長男源三郎は沈着冷静、次男源二郎は人なつこく、奔放。
真田家には、主家に忠実な忍がいた。お江もそのひとりである。
高遠城で信忠の軍と戦い、九死に一生を得た向井佐平次と、佐平次を助けたお江の視点で物語は進む。
佐平次は源二郎に仕えることになり、お江は時代の動勢をさぐる。佐平次は真田の忍頭、壺谷又五郎と関わりがあるらしいこと、お江には、宿敵がいることもわかってくる。
1巻の終盤には本能寺の変がおこり、時代は動いていく。

  • 「風林火山」に登場した山本勘助、武田信玄、真田幸隆、真田信綱も名前だけ出てくる。全員、鬼籍。
  • 女忍のお江がチャーミングだ。男なみの戦闘能力。
  • 真田家の父子は、情に篤くていい人そう。

    真田太平記〈1〉天魔の夏 真田太平記〈1〉天魔の夏
    池波 正太郎 (1987/09)
    新潮社

    この商品の詳細を見る
    スポンサーサイト
  • 2007-03-24(Sat)
     
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    山椒のこつぶろぐQRコード
    QR
    ブログ内検索
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。