スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

幕末維新と佐賀藩:読了

幕末維新と佐賀藩/毛利敏彦/中公新書

薩長土肥の四藩のなかで、一番知られていない肥前の佐賀藩。
また、薩摩には西郷隆盛、長州には高杉晋作、土佐には坂本龍馬と、絶大な人気を誇る人物がいるのに、佐賀の人物はあまり知られていない。
本書は、佐賀藩の鍋島閑叟と江藤新平を軸に、明治維新をとらえなおすというもの。

この本は、おもしろくて一気読みしてしまった。
今年の「おもしろかった本個人内ベスト5」に入る。
特に江藤新平については、はるか昔、高校の日本史で学んだことが覆されてしまった。
著者が書いていることは、一学説に過ぎないのか、それとも歴史に葬り去られた真実に近いのか。
江藤新平といえば「佐賀の乱」。
江藤、板垣、後藤らは、征韓論が受け入れられなかったので参議を辞職した。江藤は、佐賀に帰り、不平士族に担がれて乱を起こした。
と、高校では勉強した。

しかし、著者は「佐賀の乱」について、以下のように見ている。
まず、参議を辞職したのは、西郷、板垣、後藤、江藤、副島となっているが、実は、九参議全員がいったん辞表を提出している。しかし、前出の五名の辞表が受理されて、木戸、大隈、大木、大久保の辞表は差し戻されている。しかも、「大久保の個人的感情が露骨に示された辞表の選別処理」p182だったという。
つまり、大久保によって、江藤等は失脚させられたことになる。

政界を去った江藤は、板垣らとともに「民選議院設立の建白書」を左院に提出する。
野に下っても、江藤は大久保にとって油断ならない人物だった。

一方、佐賀の士族のなかには、「多少の興奮状態」もあったが、「佐賀情勢不穏とか緊迫とまでは言えない」状態だった。その上、佐賀に帰った江藤は、「佐賀士族の動きとは一線を画していた」p189 
佐賀でごたごたはあったが、反乱とまではいかないし、江藤も関わりたくないようだったことが、当時の公文書などからわかるという。

しかし、大久保利通に怪文書が渡り、大久保は佐賀への派兵を決定した。「佐賀県当局は、いきなり軍隊に乗りこまれて驚いた。急いで内務本省へ電報を発し、『士族動揺穏やかの模様のところ、鎮台兵蒸気にて若津へ着、かつ福岡より出兵の様子にて、当地市中いずれも荷物片付け、婦女子は逃げ支度にて多そうどうなり』と訴えた。」p198

佐賀は落ち着いていたのに、突如、軍隊が乗りこんできたので、「佐賀の乱」が起こった、というのが真相だった。佐賀の乱後、江藤は捕らえられて死刑になる。
とすれば、江藤を討つために「佐賀の乱」は仕組まれたことになる。
では、「佐賀の乱」の真の黒幕はだれか。著者は、大久保利通という。「大久保の真の狙いは、なりよりも江藤新平抹殺だったように推測せざるを得ない。」p201
大久保をそこまでかりたてたのは何か。著者は、「あえて大胆な想像を許していただけるなら」と前置きして、「江藤に対する強烈な嫉妬心に囚われていたからであるように思われてならない」という。「江藤の溢れるばかりに華麗な才能は、気力実践力には富むが凡才を自覚している大久保の劣等感をかきたてずにはおかなかっただろう」と。P201

では、江藤新平とは、どういった人物なのか。高校では、参議のひとり、「佐賀の乱」の首謀者、「民選議院設立建白書」の提出者としか習わない。
だが、社会情勢を的確に読み取り、果断に改革をやってのけ、近代国家の礎を築いた有能な人物だった。

江藤の主な功績をあげてみると、
① 佐賀藩士時代、脱藩して天下の動勢を探り、佐賀藩主 ・鍋島閑叟に上奏した。江藤は、脱藩の罪で、二年間の蟄居を命じられるが、同時に、閑叟に才能を見いだされる。その後は、閑叟の右腕となる。(江藤は上司に恵まれていた。他藩の某藩主とは違う)
② 国民皆教育体制の基礎を築いた。
③ 民法編纂に着手した。
④ 司法卿として、司法権を行政権から自立させた。
⑤ 「法の支配」「法の前の平等」を打ち立て、人権の礎を築いた。P159
江藤は、「国の富強の元は国民の安堵にあり、安堵の元は国民の位置を正すにあり」として、「国民各人の権利義務を国家の責任で確定し保障することが先決だ、と論じたのである。」p160
⑥ 新聞記者に裁判の傍聴をさせ、情報公開の先駆者となった。

江藤新平は、佐賀藩士の最下層である手明槍の出身である。身分の低さと脱藩の罪にもかかわらず、江藤を見いだし、とりたてた佐嘉藩主・鍋島閑叟の非凡さと度量の大きさも、名君といわれる所以だろう。
スポンサーサイト
2010-09-05(Sun)
 
カレンダー
08 | 2010/09 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。