スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山第37回 母の遺言

武田家のなかでは一番の良識派だった大井夫人がお亡くなりになった。勘助とは初対面だったとは驚き。
女性問題や跡継ぎ問題の火種がくすぶっている晴信周辺。死期間際まで苦労が絶えなかったお方だった。

でも、今回、自分の中で一番のヒットだったのは氏康。
後北条家5代のうち、早雲、氏綱、氏康までの三代は有能な人だったらしい。氏康の子の氏政や、孫の氏直は、そうでもなかったそうだ。池波正太郎氏は、「真田太平記」で、氏政・氏直父子をコテンパン(死語?)に書いている。

1 氏康の義
上杉憲政は、長野業政の進言に従い、長尾景虎を頼って越後へ落ち延びた。
自分は逃げたのに、息子の竜若丸は、妻鹿田の言うがまま上州に残す。それが妻鹿田のねらいだったとは気づかず。景虎の言うように、なぜ、自分が残って、息子を逃がさなかったか(だって、嫡子より、我が身がかわいいんだもん)。

竜若丸を手みやげに(ひどい言い方だ)、北条に寝返った妻鹿田。
義を重んじる氏康が、妻鹿田を許すはずがない。召し抱えるかどうか、そんな次元の問題ではない。
敵の嫡子の竜若丸始め、妻鹿田一味を殺すことが、当時の常識的な選択だったのだろう。
なにも、子どもを殺さなくてもと思うけど。
妻鹿田の小悪党っぷりとは違い、竜若丸は潔かった。命乞いさえせず、氏康に斬りかかる。この子、父親より武士らしい。
竜若丸と同じ年頃の新九郎は、恐れをなしていたようだ。
氏康は、竜若丸の武勇をたたえ、二心を持つ妻鹿田を成敗することで、新九郎に義を教える。
やっぱりちょっと怖い。

2 義といえば
越後のあのお方。
景虎も義が好きだった。
義が好きな者同士、氏康と景虎は気が合いそうなものなのに、戦うのかー。
一番不義理なのは晴信か!?
スポンサーサイト
2007-09-25(Tue)
 

風林火山第36回 宿命の女

勘助、ついに於琴姫に対面!タイトルが「宿命の女」だし、今回のメインは姫(於琴姫とか由布姫とか、美瑠姫とか)なんだろうけど、一番印象深かったのは小山田だった。

1 小山田戦死か!?
敵将の正室だった美瑠姫を側室にした小山田。由布姫と晴信のケースによく似ている。
美瑠姫も、由布姫も、武田に滅ぼされた家の姫だが、夫を愛することで恨みもいったんは消えた。
しかし、晴信に浮気された由布姫の恨みは再燃している。
お北様に諭されてましたが。

小山田は、美瑠姫が産んだ藤王丸が、自分の子ではないのではと疑う。それでも、美瑠姫を愛している。そんな心情を赤裸々に勘助に語る小山田。今までのクールでニヒルな小山田のイメージとは違う。
と思ったら、死亡フラグか!
美瑠姫のためなら、藤王丸も自分の子として育てようとしていた小山田。しかし、藤王丸が死んだとき、安心したのか、肩の力がぬけたのか、思わず笑ってしまう。
子を亡くしてうちひしがれている美瑠姫には、ショッキングなことだった。
美瑠姫の恨みも再燃!
小山田無惨!

2 勘助の策略
以前、勘助は、今川と戦うつもりであることを晴信に語っていた。
その勘助が、今川の姫を太郎の正室に迎えるよう、晴信に進言する。
太郎、今川の姫に惚れる→武田が、今川と戦しそうになると、太郎は戦に反対する→晴信怒る→場合によっては廃嫡→四郎が武田家を継ぐ
という筋書きが、勘助のなかにできあがっていたらしい。
まわりくどいなー。
太郎が今川との戦に反対しなかったら、この策、アウト!

雪斎(小山田も)は、それを見抜き、今川家の姫の輿入れは、勘助の企みかと疑う。
今川へ使者として赴いていた駒井は、機転を利かして、「違う。勘助はたいしたことないよ~」と説明する。

駒井、髭はえてる!
似合わねー。
2007-09-22(Sat)
 

風林火山第35回 姫の戦い

すっかり一週間遅れになってしまいました。今週分、まだ見てません。
由布姫の「四郎を武田家の跡取りとして育てる」という決意とか、お屋形様に裏切られた女の悲しみが、今回のメインだったはずですが、それはちょっとおいといて、どーでもよさそうなことを以下に書きます。

1 勘助の弱点
諸国の大名や重臣の前でもふてぶてしい態度、謀略に長けた勘助でも、由布姫には滅茶苦茶弱い(なんかリツにも弱そう)。振り回されっぱなし。そして、由布姫にからむことには、勘が鈍るらしい。もともと勘助は女心に疎くはあるが。
今回も翻弄されてました。

2 なぜ勘助だけが知らぬ?
晴信の新しい側室のことは、家臣団も、下っ端(失礼)の伝兵衛や太吉も知っているのに、なぜか勘助は知らなかった。軍師が、情報に疎くていいのかー!?とつっこんでしまった。でも、戦に関係なかったらいいのかなー。
そういえば、由布姫の時も、噂が流れていたのに、勘助は知らなかった。

3 四郎の宴
晴信が四郎のために開いた宴で、家臣団が口を開かずにしゃべってた!最初、モノローグかと思ったが、会話がかみあっているでないか。

みんな、腹話術ができるのですか?
2007-09-10(Mon)
 

風林火山第34話 真田の本懐

35回でなく、先週分です。今ごろになって…(苦笑)

1 晴信の器量
砥石城を落とせず、苦戦していた武田軍。
砥石崩れのことを、家臣団はみな、心のなかで「真田の失策!」と思っている。それを晴信はあえて「わしの軍配違いじゃ」と言い、家臣団の前で真田を責めない。
晴信の大物っぷりがよくわかった回だった。
晴信は、幸隆の海野家再興の願いを聞き入れ、次男龍芳を跡継ぎとした。これには、幸隆感激しただろう。
砥石城攻略後は、幸隆を砥石城主にした。
また、須田と源太左衛門に、自分の名の一字を与えている。

小笠原との器の違いを見せつけていた(誰に?)。

2 真田家
真田家は熱い!
一番熱かったのは、忍芽かも。
幸隆の弟・常田隆永を調略すれば、砥石城を落としやすくなる。しかし、弟君は、幸隆に対し怒っているらしい。
勘助は、真田家と常田家の主家である海野家を再興すれば、常田が真田の味方になるとふんだ。
海野家の嫡子の娘が、忍芽兄・河原のもとにいるというので、春原兄が使いに出る。
しかし、河原から、なかなか返事が来ないので、忍芽は、源太左衛門とともに、常田の城に乗りこむ。そこで、命を張って、常田を説き伏せようとしたわけだ。
自害も辞さない決然とした忍芽、かっこいー!

結果的には、海野家再興なるということで、真田と敵対していた河原も、常田も味方になった。やっぱり真田の一族は、熱い絆で結ばれているのか!(書いてて恥ずかしくなった)
幸隆は、忍芽と源太左衛門を前にすえて、説教する。と思いきや、「そちがいないと、わしが困る。顔を拝むまでは生きた心地がせなんだ(大意)」と、ふたりを抱き寄せる。
なんて熱いんだ!大将!

それを見ていた相木が「わしは、妻に、かようなことはよう言わなんだ(大意)」とつぶやく。
勘助は何も言わなかったが、心のなかで、「わしには妻さえおらぬわ」と言ったか?
2007-09-03(Mon)
 
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。