スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

天下統一と朝鮮侵略:読了

天下統一と朝鮮侵略 織田・豊臣政権の実像/藤木久志/講談社学術文庫

信長の一向一揆との戦い、秀吉の朝鮮侵略等の歴史事象を、権力者の意図、社会に及ぼした影響を問い直すことで、著者は独自の視点でとらえ直しています。
中学・高校の日本史で学習し、だれもが知っている石山戦争、朝鮮侵略です。しかし、本書には目からウロコ的な事実や解釈が多かったです。

その1 信長は一向一揆との対立のなかで統一政権を形づくっていった
巨大なネットワークと、商業上の特権、武力を持った一向一揆との戦いの中で、信長は統一政権の基盤を作っていったそうです。「信長の天下統一をはばむ一向一揆との戦い」というとらえ方とは逆。


その2 信長は政治も宗教も自らの下に置こうとした

信長は安土に高札を出し、自らをまつり礼拝せよと命じます。信長が神になろうとしたのは、本能寺の変の19日前だったそうです。

その3 検地・度量衡の統一は、百姓にとってマイナスか
信長・秀吉によって中央集権化が進むにつれ、地方でも、同じことが起こっていたそうです。つまり、中央でも地方でも、ひとにぎりの権力者に権力が集中し、庶民の中世的な自由ははぎ取られ、圧迫されていったといいます。

その4 日本へのキリスト教布教は明の植民地化への第一歩か
当時、来日していた西洋人は、キリシタンとなった日本の大名と兵士を対明戦争の軍隊とし、明を植民地化する腹づもりだったらしい。

その5 朝鮮侵略下の厭戦感
朝鮮侵略に百姓を動員したので、農耕をするものがいなくなり、国が荒れたそうです。民衆の抵抗が大きく、動員拒否、戦線離脱も多かったそうです。大名は、朝鮮へ派兵する一方で、一揆に備えて国元に兵を残さなくてはならなかったそうです。
日本の百姓を朝鮮に連れて行って強制的に働かせ、日本の農地が荒れたから、今度は朝鮮の人を日本に連れて帰るという悲惨なことに。

その6 検地も対明戦も信長ゆずり
検地と言えば太閤検地。しかし、信長政権下でも行われていたそうです。対明戦争も信長の構想にあったとか。
スポンサーサイト
2006-11-26(Sun)
 

雑兵物語:読了

「新版 雑兵物語」/かもよしひさ/パロル舎

本書は、雑兵の心得を平易な言葉で説いた「雑兵物語」の現代語訳です。
雑兵物語は、江戸初期に書かれたそうです。大坂の陣、島原の乱を経て、大規模ないくさが終結したころです。従軍の経験がない世代に向けて書かれた指南書だったのでしょうか。

雑兵の行軍は、飢えとの戦いであったことがわかります。(以下引用)

  • 荷物をしばる縄は、里芋のつるで作り、味噌で味をつけておく。荷物がなくなると、縄をきざんでみそ汁を作る。
  • 敵地で、食えそうなものは、何でも拾っておく。松の皮は、かゆにする。
  • 息が切れたら、梅干しを見る。なめてはいけない。なめるとのどが渇く。


それから、いくさではなく、事故で命を落としたり、けがをしたりすることもあったようです。(以下引用)

  • 金銀で飾った刀や脇差しを持っていると、寝ているうちに味方から首をとられるという。
  • 反りのない刀をよろいの上から差していると、刀が抜けない。
  • 馬に乗ったさむらいが馬上で刀を抜こうとすると、馬を傷つけることがある。
  • 味方のしるしの布をなくし、合い言葉も忘れてしまったので、敵ではないかと間違われた。
  • 船のあやつり方を知らなかったので、転覆して、みんな死んでしまった。


著者は、「武士と雑兵」という身分差、雑兵は下級武士でありながら支配階級に属するという枠組、敵地から略奪することによって命をつなぐ雑兵の戦い方は、明治以後も何ら変わることがなかったと言います。太平洋戦争もしかり。
2006-11-25(Sat)
 
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。