スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

葉隠:すっころばした件について

いきなり原文から。
 
聞書第五 71
光茂公御城御退出の時分、御長袴の裾を誰か御踏みかけ候に付て、すこし御つまづきき遊ばされ候。加賀守殿御覧候て御行き抜け、その人の長袴の裾をしかと御踏み候に付て、うつぶしに倒れ申され候由。



光茂公というのは、二代佐嘉藩主鍋島光茂のこと。
加賀守というのは、おそらく、家光時代に老中を務めた堀田正盛(ほったまさもり)のこと。

時代劇で見かける長袴、歩きにくそうだと思ったら、やっぱりすそを踏まれることもあるわけだ。むろん、自分で踏むこともあっただろう。

加賀守は、光茂のかわりに、すそを踏んづけてくれたわけだが、「大名のはかまのすそを踏むのは、武士にあるまじきこと」と義憤にかられたのか、遺恨を残さぬようにとの政治的配慮が働いたのか。いずれにしろ、痛快だ! 
光茂は「すこし御つまづ」いただけなのに、加賀守にすそを踏まれた人は、「うつぶしに倒れ申され」たから。

光茂のすそを踏んだ人って、だれだったのだろう。

ちなみに、光茂の曾祖父、鍋島直茂も加賀守。
スポンサーサイト
2010-01-05(Tue)
 

龍造寺四天王

五人いるというのがデフォの龍造寺四天王。
成松信勝、江里口信常、百武賢兼、円城寺信胤、木下昌直の五人だ。
葉隠にも四天王のことが書かれていて、この場合は百武、木下、成松、江里口の四人。

あれ? 四人しかいないのに四天王だと!


聞書第六30
隆信公の御時、四天王と申したる武勇の士、百武志摩守、木下四郎兵衛、成松遠江守、江里口藤七兵衛なり。江里口の末は神代家中にこれある由。
2009-11-16(Mon)
 

葉隠:鍋島光茂

さむき夜にはだかになりて寝たならば明くる朝はこごえ死ぬべし 聞書第五2(p31)





まるで中学生が詠んだような歌である。(失礼






詠んだのは佐嘉鍋島藩二代藩主・鍋島光茂公。
光茂14歳のころの歌だから、中学生の歌というのもあながち間違いではない。
ふだん厚着だった光茂が、危急の時には厚着していては対処できなかろうと、ある極寒の夜薄綿と小袖ひとつで縁側に寝て風邪もひかなかった(「初期の鍋島佐賀藩」p156)ということがあった。得意になって歌を詠んだ大名家のおぼっちゃんが目に浮かぶようだ。

光茂の祖父・勝茂、曾祖父・直茂が数々の戦を経験した武人であったのに対し、如睦の世に生まれた光茂は和歌好きだった。14のころの光茂は、次代藩主としての文武の鍛錬を怠り和歌にうつつをぬかしていたので、勝茂はカチンときたらしい。
このころの光茂には奇行が多かったので、佐嘉藩主の後継問題でもめたが、無事藩主となった。が、江戸育ちの光茂が国に帰ると、武篇一辺倒の家臣に反発された。

と、こんな光茂だが、彼の文治政治は高く評価されている。

光茂は、幕府に先駆けて、追腹を禁じた。
だから、「葉隠」の語り手山本定朝は、追腹できずに出家した。
2009-11-03(Tue)
 

葉隠:板垣信方

大河ドラマ「風林火山」が再放送されているらしい。ケド、ウチでは見られない。
見られないとなると、見たくて仕方がない。
DVD買うかなー でも、高いしなー
今年の大河ドラマにはガッカリ度が高すぎて涙目なだけに、ますます「風林火山」が見たくなる。

というわけで、「風林火山」と「葉隠」の話である。

「風林火山」の3話「摩利支天の妻」で、詩歌に興じる武田晴信を諫めるために、板垣信方が詩歌を学び、歌を披露するというシーンがあった。つまり、同じ土俵に立ったわけだ。

「葉隠」に、板垣信方のこのエピソードが書かれている。
甲斐の話を、肥前佐嘉の「葉隠」に!
天文時代の話を享保時代の人が書いたのか!
と、感心してしまった。
きっと、このエピソードは藩を越えて長年語りつがれてきた有名なものだったのに違いない。
「葉隠」は、家老にまで出世し、主君を諫めて切腹することこそ武士の誉れ!としているので、板垣のエピソードははずせなかったことだろう。

では、以下に引用文を――

聞書第十155
板垣信方、外様に罷り在り候時、何とぞ信玄の傍に近寄り、諫を申し非義をさせ申さざる様に仕りたく存じ候へども、御前疎く候て、所存に任せず候處、信玄詩歌に心を寄せられ候と承りて、信方学問を勤め詩歌を仕ならひ、或時御前にて詩歌詠歌を仕り、御気に入り、その後所存の如く諫言を申し、忠節を尽くし申し候由。


追記
山本常朝は、「甲陽軍鑑」を読んでいたそうだ。
2009-04-19(Sun)
 

葉隠:読了

「葉隠」上・中・下/岩波文庫/和辻哲朗・古川哲史校訂

「葉隠」上・中・下巻読了した。
旧字体と小さい字と写植(!?)らしい文字の歪みに閉口しながらも、ようやく読了。
新しい版、作ってくれないかなー、岩波さん。
2009-03-13(Fri)
 
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。