スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

風林火山 第50回 決戦川中島

ついに最終回!全編合戦シーンで、見ごたえがあったけど、回想シーンで泣けました。
若かりしころの晴信を前にして居並ぶ家臣達のほとんどは鬼籍に入っていらっしゃる。諸行無常。

1 板垣・甘利・信繁
死を覚悟した勘助が上杉軍の本陣にきりこむという時に、板垣と甘利の回想シーンが出てくるとは!
板垣と甘利を見ただけで涙出そうだった。
それから、信虎追放の時の信繁が、晴信に向かって「よくぞ背かれた」と、自分の心中を吐露する回想シーンも出た。この回の本放送の時より泣けた。

2 一騎打ち
勘助対宇佐見、真田幸隆対村上義清、武田信玄対上杉政虎、因縁の一騎打ちが三つ。

武田・上杉両軍に甚大な被害が出た第四次川中島の戦い。冷静な宇佐見は、勘助に停戦を呼びかけるが、勘助は受け入れない。信玄のためにあくまで戦う。
妻女山の別働隊が帰還すると、武田軍が優勢になる。それまで、本陣を守り抜く覚悟だった。

一方、宇佐見のお屋形様である政虎も、戦う気満々だった。雑兵や、武田家家臣団には目もくれず、兜も付けず、信玄の本陣にきりこむ。総大将なのに、結構無茶苦茶だ。(兵の士気は上がるかも知れない)

勘助の黒ずくめの甲冑と軍(黒備え?^-^)もよかったけど、信玄の諏訪法性の兜はかっこよかった。

3 真田、かっこいいよ!

妻女山を下りて、村上義清と戦う真田軍。
瀕死の勘助の前に、六連銭の旗を翻してかけつけた真田軍。
かっこよすぎる!
このドラマでは、真田の活躍がかなり見られた。でも、もっと見たいぞ!
2010年の大河ドラマは是非「真田太平記」で!!

ついに終わってしまった。。さびしいです。
スポンサーサイト
2007-12-17(Mon)
 

風林火山 第49回 死闘川中島

悲しい!悲しすぎるぞおお!!
信繁と諸角が戦死したのも悲しいが、来週は最終回だと思うと滂沱の涙である(いや、そこまで泣いてないか)。

1 勘助の読みが外れる
相木と真田、勘助の仲良し三人組(この表現はどうかと思う)が、決戦を前に語り合っていた。相木が海ノ口城で勘助と知り合ったこと、命がけの戦いは海ノ口以来であることを話した。
ドラマの上でも、今回は、海ノ口城攻防戦と、板垣・甘利が戦死した上田原の戦い以来の本格的ないくさだった。そういえば、板垣の回想シーンがあって、ちょっと嬉しかった。

閑話休題。海ノ口城では、勘助の軍師ぶりが冴えていた。当時は、就職浪人中で、軍師でさえなかったのだが。
だが、第四次川中島の戦いの重大な局面で、勘助は、読み間違えてしまう。政虎が霧に隠れて妻女山を下るとは、思わなかったのだろう。上杉軍の方が一枚上手だった。

有名な啄木鳥戦法、車掛かりの陣対鶴翼の陣が出てきた!

2 信繁死す
信玄と信繁が酒を飲みながら、しみじみと語り合う。信繁は、信玄のことを「お屋形様」と呼んでいたのだが、信玄は「兄と呼べ」と言う。そして、母の着物に法華経の陀羅尼を記した母衣を渡す。信繁は、息子に与える訓戒について話し、訓戒が不要な世の中になってほしいと願う。信玄は、「信繁がそのような世の中をつくるのだ、生きよ」と言う。
死亡フラグ立ちまくりである。

啄木鳥戦法が失敗したとき、信繁は、自分の役割をわきまえていた。妻女山の夜襲隊が戻るまで、時間をかせぎ、本陣を守るのである。信繁は、初めから死を覚悟していた。信玄も、信繁の覚悟を知っていたのだろう。
板垣、甘利が亡くなった時くらい悲しかった。

信繁、いい人だった。最後までひげなしだった。

3 諸角死す
上田原の戦いでも、砥石崩れでも、生きのびたことを恥じていた諸角。しかし、戦国時代に81歳まで生きただけでも、剛の人と言えるのではなかろうか。
信繁を育て、盛りたててきた人だが、死ぬときも信繁といっしょだった。

この老武将も好きだった。
2007-12-09(Sun)
 

風林火山 第47回 決戦前夜

来週には12月に入る。「風林火山」もあとわずか。悲しいなあ。

1 正論
成田を鞭打った政虎に対し、「成田家は、馬上での挨拶が許された名門。神仏をあがめるといえども、政虎は人の心を知らぬ(大意)」と言い放つ伊勢。
クラスにひとりはいる、正論で男子を打ち負かす優等生で美人の女子。

政虎の出方が気になるところだった。ここで腹を立てれば、ただの凡人。しかし、政虎は、自分の非に気づいた。伊勢を送り返すことにする。
伊勢の命がけの説教が政虎にとどいた。

2 リツの婚約
前回、香坂虎綱が未婚であることが明らかになった。モテそうなのに不思議である。
勘助は、リツを香坂に引き合わせ、婚約させようとする。
ところが、リツは抵抗する。「勘助が好き!」と言う。香坂はリツの一途さに惚れ、リツの頭上で婚約がまとまってしまった。リツの気持ちは蚊帳の外。

そういえば、オープニングの「花」のところ、リツの名前になっていた。いつから??

3 寿桂尼様以外では
自分が好きな女性は葉月。

伝兵衛も葉月が大好きで、葉月もまんざらではなかったようだ。
ついに葉月と伝兵衛が結婚した!!
めでたい!!

伝兵衛が太吉に分けてあげた金を葉月が力ずくで奪い返した!
伝兵衛が尻に敷かれることは疑いなし!!  07.11.25
2007-11-25(Sun)
 

風林火山 第46回 関東出兵

上杉家の家督を相続し、関東管領になった景虎が尊大になってきました…

1 不遜な態度の景虎
上杉憲政の忠臣・長野に向かって、「今からキミの主はわたしだ!(大意)」と言ったり、関東の地を北条に奪われた上杉の家臣等に「無理な戦をせぬ北条に土地を奪われたくせに(大意)」と言ったりした。
名家の成田には、「自分に下って、先鋒となれ」と命じたばかりか、美人で母親似の奥方・伊勢を人質にとりやがった。
「景虎はマザコン?」疑惑浮上。
しかも、景虎をお出迎えした成田を馬から引きずり下ろし、鞭打った。
「自分には毘沙門天の加護があるから、矢も鉄砲の弾もあたらないよ」と、北条方を挑発する景虎。
氏康が「われらはあのような敵と戦っているのか(大意)」とびっくりしていた。
氏康は、景虎をどのような目でみているのか?三択です。
①あんな神懸かり的な敵
②あんなこわいもの知らず
③あんな奇行師
景虎、ご奇行の回であった(ファンのかた、失礼)。

2 武田は…

景虎の印象が強烈だっただけに、武田軍団が何をしたのか、全く覚えていないや。
伝兵衛が葉月にプロポーズしたことくらいしか。
2007-11-24(Sat)
 

風林火山 第45回 謀略!桶狭間

信長サイドからドラマ化された桶狭間の戦いは数多いが、今川義元視点はめずらしかった。
信長が脇役で、しかも、シルエットだけの登場とは。

1 勘助の謀略
義元は、勘助が嫌いだから、「信長は籠城しないよ」という勘助の進言を無視し、桶狭間に向かうことになる。
桶狭間の合戦も勘助の謀略とは…
それはやめてほしかった。

2 寿桂尼様っっ!!
勘助の謀略を読みとり、勘助をにらみつける寿桂尼様!
義元のクビをあらためる寿桂尼様!
今川家の行く末を案じ、家臣の前では毅然と采配を振るう寿桂尼様!
義元のクビ桶を抱いて悲しみに暮れる寿桂尼様は切なかった。雪斎はいないし、元康は裏切るし、孫は頼りない。今川家の命運が寿桂尼様に重くのしかかる。

なんか、勘助が憎たらしい怒


3 ここで信長を倒してりゃ

間接的にしろ、信長に勝利をもたらしたのが勘助ならば(ま、それはないけど)、歴史は皮肉だ。
信長を生かしておくことで、勘助が目に入れても痛くない勝頼を死なすことになるから。

4 庵原殿
庵原之政、久しぶりの登場だった。
やっぱり「武者震い」と言っていた。
2007-11-12(Mon)
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
山椒のこつぶろぐQRコード
QR
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。